ブラジリアン脱毛にも最適!オーストラリア生まれのワックスTOPブランドLycon(ライコン)公式サイト
下層ページタイトル背景

会社概要

イングローンヘア対策について

 

ワックス脱毛後に起こり得るトラブルとして、『イングローンヘア(埋もれ毛)』があります。イングローンヘアとは、次に生えてくる毛が皮膚の外へ出てこれず、皮膚の下で伸びてしまうことを言います。

 

イングローンヘアが出来てしまう原因は、ワックス後の保湿のケアを怠ることで肌表面が硬くなり、次に生えてくる毛(=毛先は産毛のように細くやわらかい)を抑え込み、肌を突き抜けて出てくるのを妨げてしまうことにあります。

 

ただし、イングローンヘアはワックス脱毛をすると必ずなる、というものではなく、保湿と正しい角質ケアをすれば予防・改善することができます。イングローン予防には、①保湿することと、②適切な角質処理 が必須です。

 

保湿のためのローションやオイルの使用はもちろんのこと、入浴の際にも肌を乾燥させないように保湿力の高いボディソープの使用をお勧めしています。

 

また、肌表面の角質を定期的(2週間ごと程度)にスクラブやあかすりミトンなどでやさしくマッサージすることでも、お肌を柔らかく保ち、産毛の生えやすい状態を作ることができると言えるでしょう。

 

ライコンでは、イングローン対策のホームケアラインとして、『LYCON SPA』商品を展開しています。保湿系ボディソープやボディスクラブ、ボディローションやクリームが人気です。さらに、イングローンヘアケアを目的としたローションとクリームも新たに発表となりました。